第5回『北海道さくらちゃんカップ』が開催されました。2013.09.18

公益信託 日本白血病研究基金チャリティーゴルフ 第5回「北海道さくらちゃんカップ」は、総勢75名様のご参加をいただき、2013年8月24日(土)12時スタートで、昨年に引き続き新千歳空港にほど近い名門コース「オークウッドゴルフクラブ」様との共催で開催されました。
コースは、なだらかな勾配の丘陵を世界のセベ・バレステロスが手がけた真のチャンピオンコースであり、オークウッドゴルフクラブ様のご理解とご高配により格安の料金設定による企画ができました。
北海道の今夏の天候は、高温多湿が続き、地域によっては突然の雷とスコールのような雨にも見舞われることが多く、近年にない特徴となりました。
当日の午前中は小雨でしたが、スタート時には曇り空の中、ほどよい気温になり、爽やかな気候の下でのプレーが期待されました。
しかし、1組目が折り返す時間帯になって天候が急変してスコールと雷に見舞われ、ほとんどのパーティーが途中で打ち切らざるを得ない状況となりました。
自然相手とはいえ申し訳ない気持ちでお迎えいたしましたが、全パーティーが無事避難を終えることができ、多くのパーティーが和気合いあいでラウンドしたことを知り、何よりも救いとなりました。
昨年と同じくコンペ形式を取りませんでしたが、ゴルフを通じて日ごろの健康の有難さを再認識できる良い機会になったと思っています。
お蔭さまをもちまして、多くの企業様、個人参加者様から温かいご協賛をいただき、多くの寄付金が集まりました。これもひとえに皆様のご協力のお蔭と感謝申し上げます。
ここに、チャリティーゴルフの概要と募金等につきまして、次のとおりご報告させていただきます。

1 開催日・コース
2013年8月24日(土) オークウッドゴルフクラブ(勇払郡安平町早来冨岡438-1)

2 ご参加人数・組数
75名 20組

3 寄付金
総額 690,000円 
(公益信託 日本白血病研究基金へ全額寄付させていただきます。)

4 発起人(アイウエオ順で敬称を略させていただきます。)
㈱アミノアップ化学   代表取締役会長 小砂 憲一
㈱サッポロドラッグストアー   代表取締役社長 富山 睦浩
サッポロビール㈱   北海道本社代表 高島 英也
昭和交通㈱   代表取締役 加藤 欽也
東京医科歯科大学   小児科教授 水谷 修紀
㈱にしりん   代表取締役社長 廣川 雄一
㈱ネイビーズ・クリエーション   代表取締役 高橋 満治
福山醸造㈱   代表取締役社長 福山 耕司
ベル食品㈱   代表取締役社長 福山 恵太郎
(一財)北海道薬剤師会公衆衛生検査センター   理事長 東洋 彰宏
横山製粉㈱   代表取締役社長 横山 敏章
㈱わかさいも本舗   代表取締役 若狭 高司

5 ご協賛一覧(アイウエオ順で敬称を略させていただきます。)
(1) 企業協賛
アズワン㈱札幌営業所  ㈱アミノアップ化学  岩田地崎建設㈱  SOC㈱
エッペンドルフ㈱  極東製薬工業㈱  コスモ・バイオ㈱  ㈱サッポロドラッグストアー
札幌臨床検査センター㈱  ㈱三商札幌支店  三洋ビジネスマシン㈱  四国八洲薬品㈱
日本メディポート㈱  ㈱ネイビーズ・クリエーション
㈱日立ハイテクノロジーズ北海道支店  フナコシ㈱  ㈱ベリタス
北海道システム・サイエンス㈱  北海道和光純薬㈱  三菱化学メディエンス㈱
横山製粉㈱  ㈱わかさいも本舗  和光純薬工業㈱北海道営業所

なお、ゴルフご参加者様(75名)からの参加費の一部を寄付金に充てさせていただきました。
ご芳名は割愛させていただきますのでご容赦いただきますとともに、ご参加いただき誠にありがとうございました。

6 おわりに
チャリティーゴルフが無事終了し、また多くの寄付金が寄せられましたのも、多くの皆様の深いご理解と温かいご支援の賜物と衷心より感謝申し上げます。
今後とも「公益信託 日本白血病研究基金」ならびに「特定非営利活動法人 白血病研究基金を育てる会」の活動に対するご理解とご支援を賜りますとともに、来年度の第6回「北海道さくらちゃんカップ」(平成25年8月23日(土)開催予定)の開催にあたりましても、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 白血病研究基金を育てる会
北海道支部長  横 沢  龍 朗

活動報告一覧へ戻る

アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1997年
1996年
1995年
1994年

このホームページは、認定特定公益信託 日本白血病研究基金の募金広報活動のため、NPO法人白血病研究基金を育てる会により管理運営されています。