ホーム > 新着情報

ニュース・イベント

2016/05/23

第26回平成28年度「公益信託 日本白血病研究基金」助成金応募が開始されました。

 

第26回平成28年度「公益信託 日本白血病研究基金」助成金応募要領

本基金は白血病に苦しむ人々が一人でも多く救われるように白血病に関する研究に携わる研究者への研究助成を目的として設立されたものである。 平成28年度助成事業として、下記要領により、助成希望者を募集する。

 

                                                     

1.応  募  資  格    白血病(悪性リンパ腫・多発性骨髄腫等を含む)に関する基礎的、臨床的分野の研究に携わる研究者および研究グループ。

 

2. 助  成  金  額    助成総額 1,750万円まで

 (1)助成金申請[申請書1による応募]        応募者の年齢制限はありません。  

   【助 成 金 申 請 項 目】  【助 成 金 額】

   ①  荻村孝特別研究賞                 200万円             

   ② 一  般  研究賞(清   水   賞  )100万円   

   ③        〃     (クレディセゾン賞)    100万円

   ④        〃                               550万円( 50万円×11件)       

    合計                                      950万円( 14件)      

  公益信託日本白血病研究基金助成事業は、上記(1)の一般研究賞と下記  (2)の若手白血病学研究者奨励を目的とした、若手奨励研究賞に区分しています。  40才未満の応募者は、いずれの助成項目についても申請することがで  きます。但し、両方への申請はできません。    

各申請書に記載の応募要領をご確認の上、ご応募ください。

 

 (2)助成金申請[申請書2による応募]      応募者の年齢が40才未満(平成28年12月末日現在)の研究者のみに  限定します。  

 【助 成 金 申 請 項 目】  【助 成 金 額】  

  ⑤ 一  般  研究賞(若手特別賞)100万円   

  ⑥       〃                              300万円( 50万円×6件)       

  合計                                     400万円( 7件)

 

(3)学会推薦者による助成金申請[申請書3による応募]  白血病に係る治療研究を行う臨床医等で①日本血液学会②日本小児血液・がん学会 (限定)の推薦を得た、臨床学研究者に対して資金助成を行う。 本件は、研究者個人等が直接応募することはできません。          

【助 成 金 申 請 項 目】     【助 成 金 額】

 ⑦ 一般研究賞(日本白血病研究基金臨床医学特別賞)  300万円( 100万円×3件)  

  

(4)「2016年度ザ・レジェンド特別賞」申請[申請書4による応募] 小児白血病の調査/研究を行う研究グループ(1期3年)

【助 成 金 申 請 項 目】     【助 成 金 額】

 ⑧ 2016年度ザ・レジェンド特別賞      総額100万円(1件程度)

 

3. 応  募  方  法  

(1)の「荻村孝特別研究賞および一般研究賞」を受給しようとするかた        

〈助成金申請項目(1)の①~④の応募者〉は、以下の書類を提出してください。          

【申請書 1】①から④までの書類の原本と写し(A4縦用紙に統一・片面印刷) を提出してください [申請書1ダウンロード]

 ①助成金申請書         

 ②研究テーマに関する研究経歴書

 ③研究論文3篇まで(申請内容に関係するもの)                      

 ④研究計画説明書      

 

(2)の「一般研究賞」(若手奨励研究賞)を受給しようとするかた 〈助成金申請項目(2)⑤⑥の応募者〉は、以下の書類を提出してください。           

【申請書 2】①から④までの書類の原本と写し(A4縦用紙に統一・片面印刷) を提出してください。。 [申請書2ダウンロード]

 ①助成金申請書         

 ②研究テーマに関する研究経歴書

 ③研究論文3篇まで(申請内容に関係するもの)                      

 ④研究計画説明書          

                   

(3)の学会推薦助成「一般研究賞(日本白血病研究基金臨床医学特別賞)」を受給しようとする方 〈助成金申請項目(3)⑦の応募者〉は、以下の書類を推薦学会へ提出してください。    ただし、当該助成項目の申請は、当基金助成候補者推薦学会から推薦があった後に 申請手続きを行います。          

【申請書 3】①から④までの書類の原本と写し(A4縦用紙に統一・片面印刷) を提出してください。。 [申請書3ダウンロード]

 ①当基金助成候補者推薦学会の推薦書

 ②助成金申請書         

 ③助成申請内容説明書

 ④研究論文3篇まで(申請内容に関係するもの)

 

(4)の「2016年度ザ・レジェンド特別賞」を受給しようとする研究グループ 〈助成金申請項目(4)⑧の応募者〉は、以下の書類を提出してください。           【申請書 4】①から④までの書類の原本と写し(A4縦用紙に統一・片面印刷) を提出してください。

 [申請書4ダウンロード]

 ①助成金申請書         

 ②研究テーマに関する研究経歴書

 ③研究論文3篇まで(申請内容に関係するもの)                      

 ④研究計画説明書   

    

4.応  募  期  間    平成28年5月23日(月)~平成28年7月8日(金)                      

【 応募締切日  平成28年7月8日(消印有効)】  

 

5.過年度受賞者の応募資格

(1)受賞後3年を経過していることかつ申請の研究内容が過去受賞した際応の研究内容と比較して、際だった研究内容であること。                 

(2)過年度受賞者が再度の応募申請を行う場合は、受賞年度および受賞 研究テーマ・研究内容を記載した書類(適宜用紙による)を申請書に添付すること。

 

6.助成対象者の決定  助成対象者は、提出書類に基づいて運営委員会の審議により決定する。 平成28年度助成対象者は、24名および1研究グループを予定。  

 

7.研究対象分野      内科、 小児科、基礎その他  (選考審査は、各分野ごとに行い、学会推薦助成の選考審査は、各当基金  助成候補者推薦学会別に行う)  

 

8.助成対象者の発表  平成28年10月下旬以降、本人に書面で通知する。           

  学会推薦助成選考審査結果については、各推薦学会にも通知する。    

                                               

公 益 信 託  日 本 白 血 病 研 究 基 金        

運 営 委 員 長    水 谷 修 紀 東京医科歯科大学名誉教授        

運 営 委 員        小 林  登   国立小児病院名誉院長                   

                       高 久  史 麿 日本医学会会長                                

                       稲 葉 俊 哉 広島大学原爆放射線医科学研究所教授                                   金 倉   譲    大阪大学医学部教授                    

                       黒 川  峰 夫  東京大学医学部教授                    

                       駒 田  美 弘 三重大学長

                       須 田  年 生 熊本大学医学部教授                         

                       中 畑  龍 俊 京都大学iPS細胞研究所教授

                       堀 部  敬 三 名古屋医療センター臨床研究センター長

                       三 谷 絹 子 獨協医科大学内科学教授

 

《申込および問い合わせ先》

【公益信託 日本白血病研究基金 受託者三菱UFJ信託銀行株式会社】

《事務局》  〒100-8212  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行リテール受託業務部 公益信託課 担当者 播磨谷(はりまや)・清水                                    

℡ 0120-622372(フリーダイヤル)                                 

(受付時間 平日9:00~17:00 土日祝日等を除く)

※助成金申請書は当基金事務局宛ご請求下さい。

※ご提出いただいた応募書類は返却いたしません。  応募書類は助成先の選考のために、運営委員会で用いられます。また、助成の決定内容を第三 者に提供する場合があります。