ホーム > 日本白血病研究基金とは > 白血病研究費助成について

白血病研究費助成について

白血病はがんによる4大死亡要因のひとつで、とりわけ小児のがんの中では約4割 を占める病気です。 日本で毎年、白血病に代表される血液関連臓器のがんで亡くなる患者さんの数は、約13000人 にものぼっています。これは交通事故で亡くなる方の数にほぼ匹敵します。 白血病は血液のがんであり、胃がんのような固形がんとちがって外科的切除はできず、抗がん剤 を使った薬物治療、放射線治療、骨髄移植などによって治療がおこなわれます。ひとりでも多くの患 者さんの命を救うためには、こうした治療法の研究が非常に重要です。また、発祥の予防、早期発見、 再発の予防などのためには、なぜ白血病になるのかといった基礎的な研究も忘れることはできませ ん。

PDF歴代受賞者リスト(2016.11.30更新)

第27回平成29年度「公益信託 日本白血病研究基金」助成金応募要項